2016年1月2日土曜日

2016年です

公務員試験受験生の皆様、明けましておめでとうございます!

いよいよ、2016年の幕が開けました。
今年こそ最終合格を目指しましょう。

今年も昨年同様のご愛顧を宜しくお願いいたします。

2015年12月23日水曜日

残念ながら不合格だった方へ

公務員試験に不合格だった方、本当に残念なことです。

しかし、受験を続けるのであれば今から来年の合格へ向けて走らなければなりません。
ただ、闇雲に走るのでは著しく効率が悪いですので、何故不合格だったのかを分析する必要があります。
大抵の市町村では、最終の点数を通知してくれると思いますので、その点数から今年の不合格の原因を探る必要があります。

一次試験の点数が足をひっぱたのか?

二次試験の点数が足をひっぱたのか?
 →二次試験でもどの科目か?

これらの敗因分析が必須となります。
つらい作業ですが、来年の合格には必須ですので、分析をしっかりとしてください。

2015年12月9日水曜日

おめでとうございます!(市町村の合格発表がほぼ出そろいました)

市町村の最終合格発表がほぼ出そろいました。

試験に合格された方、おめでとうございます。
高い倍率の中、諦めずによく頑張ったと思います。
これまでの努力の成果が発揮された結果です。

受験で得た知識は、公務員として仕事をしていく上で、直接・間接に役に立つものばかりです。
市(町・村)民のために、驕ることなく臆することなく、その持てる知識を発揮して頑張って欲しいと思います。

本当におめでとうございます!

2015年11月2日月曜日

市町村の二次対策実施中!

ただ今、市町村の二次対策を実施中です。

・集団討論
・プレゼンテーション
・面接

の3つです。

集団討論”では、既存の知識を使いこなせるかが問われます。
同じこと発言するにしても、適切な場面で発言しなければ知識を使いこなせたことにはならないので、議論全体の流れを見ることが大切になります。
脈略なく議論の土俵を変える受験生がいますが、何故土俵を変えるのかの理由が必要になりますので注意が必要です。

プレゼンテーション”では、説明能力が問われます。
これも知識をどう使いこなせるかが問われています。
内容が同じでも発表の順番を変えるだけで、良くもなれば悪くもなります。
しかも、“集団討論”とは違い発表の時間が少ないので、順番を間違えてしまうと修正をすることが難しくなります。
1→2→3→4→5・・・
というように、1から10までを順番につなげていく必要があります。
1→3→8→2→4・・・
というようなランダムな思いつきの順番で発表すると間違いなく伝わりません。
順番はよく考えましょう!
ストーリーを創る気持ちが重要です。

面接”は自己分析をすることに尽きます。
自分のことなのですが(いえ、自分のことだけに)、意外に難しいと思います。
自分で自分を客観視することはやはり難しいものです。
家族や友達の自分への評価を聞いてみるのも手助けになるかと思います。


過去記事が参考になるかと思いますのでご覧いただけますと幸いです。

今から集団討論の練習ですか?早すぎません?【対話で学ぶ“集団討論”のコツ】その1
問題文はこうやって分析するんだよ!【対話で学ぶ“集団討論”のコツ】その2
議論対象の明確化【対話で学ぶ“集団討論”のコツ】その3
数字に惑わされないこと!【対話で学ぶ“集団討論”のコツ】その4
における、建長さんと石壱さんの会話が参考になるかと思います。

2015年10月5日月曜日

市町村の職員採用候補者試験が間近に迫っております

10月中旬に沖縄では一斉に市町村の職員採用候補者試験が始まります。

受験生の皆様は、今追い込みの時期かと思います。

ここで1つアドバイスをさせてください。

手を広げないこと

これに尽きます。


多くの受験生は、ここに来るまでに、複数の公務員試験を受けてきたと思います。

これまでに勉強してきたことがちゃんと頭に定着しているかどうかのチェックを最優先で実施すべきです。

網の目が粗いままで砂をたくさん入れてもこぼれるだけです。

まずは、網の目の補修をして、こぼれていく砂を少なくすることに注意を払う必要があります。

試験が迫ると、
「あれもやっていない、これもやっていない」
と、やっていないことだけに意識が向きがちですが、その状態では地に足をつけた勉強をすることができません。

自分がこれまでにやってきたことをまずは振り返りましょう!
振り返るだけでもかなり勉強になりますので、これまでの自分を信じてください!